住まいの掃除を簡単に楽チンにする技

住まいの掃除を簡単に楽チンにする技

住まいの掃除を簡単に楽チンにする技

住まいはできればいつでも綺麗な状態を保ちたいものです。綺麗を保っていると、家族などの同居人がいればおそらく自然とその状態を保てるものです。そのためには日々の心がけと習慣が一番大切です。まず、住まいの掃除はこまめに適当にやることが一番です。完璧なきれいを目指さなくてもかまいません。でもこまめにやるのです。例えば、歯磨きをするついでに洗面所まわりをさらっと拭く、ベランダに洗濯物を干しに行ったついでにゴミを拾ってゴミ箱に捨てる、などです。完璧に掃除しよう!と意気込んで長時間頑張ってしまうと疲れがたまって次回の掃除までがゆううつに感じられてしまうのです。だからこそ、何かするついで・立ったついで・座ったついででこまめにきれいにするのです。掃除という感覚は少なくて良いと思いますし、毎日決まった時間にすると決めてしまうと、3日坊主になってしまいがちです。汚れてきたなと思ったら思った箇所をその場で簡単にきれいにすることが掃除です。そうしておけば汚れがたまらないので年末の大掃除も楽なものです。

上記のような作業で部屋をきれいに保つこつは2つあります。1つ目は、物の収納場所、置く場所をすべて決めておいてあげることです。そうすれば、異なる場所にあるものを元の位置に戻すだけの作業なのです。物の場所が決まっていないからこそ掃除が面倒で時間がかかってしまいます。もし収納する場所が決められないなら、それはきっと必要のないものかもしれません。捨てることも検討しましょう。物が少なければ少ないほど掃除は楽チンです。2つ目は置いていい場所と置いていけない場所を決めておくことです。例えば仮置きする場所として、テーブルの上はいいけど床はだめ、雑貨を飾っている場所はだめだけど、使っていない部屋のこの部分には置いていい、などです。がちがちに決まったルールは自分も同居人も堅苦しいので、ある程度ゆるいルールを決めておくと守れるものです。

Recommend

Copyright (C)2014住まいの掃除を簡単に楽チンにする技.All rights reserved.